車売却時に高評価になる純正カーナビは購入時には選ぶべきか

| コメント(0) | トラックバック(0)

車の購入と売却では、純正カーナビが大きなポイントになってくる場合があります。
車のカーナビには純正品と社外品の2種類があるのですが、車の購入をする際には純正品にこだわらない方が良いと言われています。その理由なのですが、購入額がアップする可能性が高いからです。

そもそも車の買取業者は、純正品を優遇している傾向がありますね。社外パーツなどは確かに高く売れる事も多いですが、全体的な傾向を見てみると純正品の方が高く評価される事が多いのです。ですので車の買取を行う際には、純正品を持っている方が有利とは言えます。

しかし車の購入を考えると、そうとは言えませんね。前述のように、購入額が高くなってしまうケースが多いからです。まして最近のカーナビはかなり進歩していて、社外のものであってもかなり優秀なものが多々ありますね。しかし売却の時には、純正品は提示すべきなのですね。それを考慮すると、車を買う時に「将来売却する事を考えて、純正のカーナビを選ぶのが良いのではないか」という選択肢が浮上します。

しかしある車の専門家によると、むしろ純正カーナビは選ばない方が良いとの事です。なぜなら純正カーナビの購入費用に要する金額が高めになってしまうので、社外カーナビで十分という意見がある訳ですね。車の購入の際には、あまり売却のことは考えない方が良い訳ですね。

それに車を売る際にも、ディーラーではなく買取店を選べば良い話です。ディーラーの場合は純正カーナビが高く評価されますが、買取店の場合は社外品でも高評価になるからです。ですので車の購入時には「社外カーナビを買取店に売却する事を見据えて、純正カーナビを選ばない」のも1つのやり方と言えるでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://royalcasinogamblingworld.com/mt-tb.cgi/7

コメントする